2011年10月31日

食レコ、日本最大15万件を網羅した『食品栄養データ』一般販売開始

株式会社食レコよりリリースです。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

日本最大15万件を網羅。『食品栄養データ』一般販売開始

外食業態200社以上、加工メーカー1,500社以上のメニューを登録

プリン体等、業界初の栄養項目26種も提供


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


有名食ブロガーや一般食ブロガーによる、食べ歩きブログポータルサイト「ブロぐるめ!(URL: http://blog-gourmet.com)」を運営する株式会社食レコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:福田さやか 以下、食レコ)はこの度、管理栄養士監修・登録件数15万件、日本最大の『食品栄養データ』ライセンスの販売を開始いたしました。


【食レコの『食品栄養データ』特長】

■ 日本最大のデータ量、常時最新15万件を提供

■ 外食・市販食品に圧倒的な強さ。外食200社以上加工品メーカー1,500社以上を収録

■ 基本表示5項目・拡張栄養成分49項目に加え、業界初の26項目を独自調査し推定値を収録

■ 野菜・果物・生鮮食品等の一般食品に加え、コンビニ・ファミレスなどの外食、
  インスタント食品・アルコールなどの市販食品、11カテゴリに対応

■ 固有名詞での登録(「成形ポテトチップス」→「カルビーポテトチップス うすしお味 85g」など)

■ 専属の管理栄養士らが全栄養データを計算。
  公表されているカロリー数値をもとに各種栄養項目を算出

■ 料理を構成する野菜・肉・魚・米・麦など、各食材のメニュー内重量を独自に算出し収録


【食レコの『食品栄養データ』概要】

◇販売価格:年間30万円〜(カテゴリや栄養素の提供数により異なる)
※教育機関や研究機関など非営利目的の利用は、アカデミック割引がございます。
 お問い合わせ下さい。

◇ 提供方法:CSVデータ渡し又はASP方式

◇ 更新:年間12回、毎月新製品などデータを更新


【一般販売開始背景

食レコの『食品栄養データ』は、これまで一部大手企業の研究や内部調査用途としてのみ限定導入しており、この度が初の一般販売となります。

本データは内食のみならず外食や市販食品など中食を強化することで、現代人の実際の食生活にマッチさせた詳細な栄養項目をもとに、多面的な栄養指導を簡単に行えるようになります。一般販売により食品メーカーや健康メーカー、ゲームメーカー、スポーツクラブ、医療関係など、B to Cですでに栄養指導をしているより多くの企業様にご利用頂くことで、糖尿病などに代表される現代病の管理簡易化や、健康増進のサポート環境拡大へつながることを期待しております。

※本ライセンスの販売は食レコが、株式会社アイ・エム・デイ(東京都港区、代表取締役社長:峯尾淳一、以下IMD)と販売代理店契約を締結し、研究用途で使われていたデータを初めて一般販売を開始するものです。


【今後の展開】

食レコは、「一般の食べ手が食を正しく理解し発信する」をコンセプトに、一般生活者が食と携わる、新感覚のコミュニケーションスタイルを提案しております。今後本データをサイトやアプリに導入することで、食べ手が能動的に日々の健康管理をし、食べ歩きをより長く、より楽しく続けられる環境を構築することを目指しています。


以上


【株式会社食レコ】
有名食ブロガーが多数登録する、食べ歩きブログポータルサイト「ブロぐるめ!(URL: http://blog-gourmet.com/)」を企画運営するほか、

「LAWSON・食べ歩きブロガーズ究極のからあげクン開発プロジェクト」「デルモンテ・トマト農場見学ツアー」など、食ブロガーと共に食にまつわる取り組みを展開。

「サントリーBAR-NAVI公式ブログ・ブロガー記者」「Googleプレイス・こだわり人のプレイス動画」「観光庁VISIT JAPAN台湾版・日本のローカルグルメ特集」など、見識ある食ブロガーのメディア媒体へのキャスティングも行っている。

商号:株式会社食レコ
代表者:代表取締役社長 福田さやか
所在地:東京都渋谷区恵比寿西2-5-2 今村ビル3F EATTOKYO内
設立年月日:2008年5月28日
URL:http://shokureco.co.jp/


【株式会社アイ・エム・デイ】
健康関連システムの研究・開発・運用業務を手がける。管理栄養士が監修する日本最大級の食品データベースを構築し、栄養管理サイト「モバイルダイエット」など、実証的な健康管理プラットフォームシステムの提供をする。

商号:株式会社アイ・エム・デイ
代表者:代表取締役社長 峯尾淳一
所在地:東京都港区麻布十番2-19-4 シルバープラザ麻布十番501
設立年月日:1996年9月3日
URL:http://imd.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社食レコ 担当:石田          
e-mail: info@shokureco.co.jp


【参考資料】

外食業態/市販食品の登録例

■外食
魚民、大戸屋、おはしカフェ・ガスト、かっぱ寿司、くら寿司、グラッチェガーデンズ、元気寿司、カレーハウスcoco 壱番屋、ココス、サイゼリヤ、サブウェイ、サンマルクカフェ、白木屋、ジョナサン、ジョリーパスタ、すき家、タリーズコーヒー、つぼ八、デニーズ、はなまるうどん、華屋与兵衛、バーミヤン、びっくりドンキー、ビッグボーイ、ファーストキッチン、フォルクス、マクドナルド、モスバーガー、やるき茶屋、夢庵

■テイクアウト
オリジン弁当、エクセルシオールカフェ、ケンタッキーフライドチキン、小僧寿し、サーティワンアイスクリーム、スープストックトーキョー、スターバックスコーヒー、タリーズコーヒー、てんや、ほっかほっか亭、ほっともっと、本家かまどや、吉野家、ヴィドフランス

■コンビニ
セブンイレブン、サークルKサンクス、スリーエフ、ローソン、ナチュラルローソン、ampm、ミニストップ、ニューデイズ、デイリーヤマザキ、ポプラ、セイコーマート、ココストア、エブリワン、セーブオン

■加工品
アサヒビール、味の素、伊藤園、伊藤製パン、伊藤ハム、井村屋製菓、AGF、エースコック、江崎グリコ、ヱスビー食品、大塚製薬、おやつカンパニー、カゴメ、カバヤ食品、カルビー、カルピス、紀文、キューピー、キリンビバレッジ、銀座木村屋総本店、小岩井乳業、サッポロビール、サントリー、シャトレーゼ、宝酒造、タリーズコーヒー、第一屋製パン、ダイドードリンコ、永谷園、ニチレイフーズ、日清食品、日本ハム、ネスレ、ハウス食品、不二家

1031Graph.jpg

※「五訂増補日本食品標準成分表」及び「日本食品標準成分表2010」該当内容(該当カテゴリ)については無料でのご提供です。なお、そのご利用については文部科学省の定めるところをご参照ください。


posted by ブロぐるめ!編集部 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。